女子旅を、もっと楽しく | 女性専用温泉旅館 愛知県蒲郡 西浦温泉 姫宿 花かざし

Access

西浦温泉 姫宿 花かざし

〒443-0105 愛知県蒲郡市西浦町大山17-1
Tel.0533-57-5721 Fax.0533-57-5118

名鉄「西浦駅」から「姫宿 花かざし」までは【西浦温泉組合の無料送迎バス】をご利用ください。

【西浦温泉組合の無料送迎バス】
西浦駅14:20~16:20到着電車にあわせて随時運行してございます(予約不要)。
※「西浦駅」は何もない田舎の駅でございます。【西浦温泉組合の無料送迎バス】は駅前に停車しており、一目でおわかりいただけます。
※16:30以降のご到着の際は、ご到着時刻がわかり次第弊館までお電話ください。ご到着時間にあわせてお迎えに上がります。

お問い合わせはこちら
> Google MAP

公共交通機関でお越しのお客様

名鉄蒲郡線「西浦駅」より
【西浦温泉組合の無料送迎バス】をご利用ください。

【西浦温泉組合の無料送迎バス】は
西浦駅14:20~16:20到着電車にあわせて
随時運行してございます(予約不要)
※16:30以降のご到着の際は、
ご到着時刻がわかり次第
弊館までお電話ください。
ご到着時間にあわせてお迎えに上がります。

お車でお越しのお客様

無料駐車場をご用意しております。
お気をつけてお越しください。

東京から新幹線で

東京駅から西浦温泉まで
近場へふらっと出かける感覚

東京駅で待ち合わせ。
「姫宿花かざし」は、アメニティが充実しているので荷物が軽くて助かる!ホームページでいろいろ検索してみたけれど、女性好みがあふれてそう。どんな風に過ごそうか、待ち合わせから盛り上がる!
駅弁ゲットで抜かりなく、東海道新幹線へいざ乗車。
ひかりでは、JR豊橋駅まで1時間25分。
お弁当食べているうちに、
あっという間に着きそうだね。

窓からのぞむ富士山が
「いってらっしゃい」とお見送り

西へ行くお楽しみは、やっぱり富士山!
車窓から厳かな景色をじっくり眺めましょう。豊橋駅に着いたら、JR東海道線に10分乗車して蒲郡駅へ。名鉄蒲郡線に乗り換えて、西浦駅へ約9分。乗換とか、大丈夫かな?西浦駅からは送迎バスが出迎えてくれるので、そこまでのルートは間違えないように、新幹線内でしっかりチェック。

予定通り西浦駅へ到着!
お出迎えのマイクロバスにホッ

乗り換えもミスすることなく、西浦駅に到着!「姫宿花かざし」のロゴ入りマイクロバスが駅前に待機している
のを発見。ここからは
運転手さんにお任せで、
宿まで導いてもらおう。

新大阪から新幹線で

新大阪駅から東へGo!
近場へふらっと出かける感覚

新大阪駅で待ち合わせ。
「姫宿花かざし」は、アメニティが充実しているので荷物が軽くて助かる!ホームページでいろいろ検索してみたけれど、女性好みがあふれてそう。どんな風に過ごそうか、待ち合わせから盛り上がる!
駅弁ゲットで抜かりなく、東海道新幹線へいざ乗車。
ひかりでは、JR豊橋駅まで1時間25分。
お弁当食べているうちに、
あっという間に着きそうだね。

世界遺産登録の東寺を車窓から
雅な景色を胸に刻もう

京都通過の時は、世界遺産にも認定された東寺を新幹線の車窓から眺めよう。
豊橋駅に着いたら、JR東海道線に10分乗車して蒲郡駅へ。名鉄蒲郡線に乗り換えて、西浦駅へ約9分。乗換とか、大丈夫かな?西浦駅からは送迎バスが出迎えてくれるので、そこまでのルートは間違えないように、新幹線内でしっかりチェック。

予定通り西浦駅へ到着!
お出迎えのマイクロバスにホッ

乗り換えもミスすることなく、西浦駅に到着!「姫宿花かざし」のロゴ入りマイクロバスが駅前に待機している
のを発見。ここからは運転手
さんにお任せで、
宿まで導いてもらおう。

セントレアから車で

名古屋空港セントレアに到着
ランチしてから出かけましょ

名古屋空港セントレア内は魅力いっぱい!14時のチェックインだから、ランチしてから出かけましょ。天むすや味噌かつ、手羽先にきしめんなど、さすがの名古屋めしが充実。食後にスカイデッキから機体が飛び立つ姿を見に行けば、旅気分のテンションがさらにアップ!
西浦温泉ってどんな街だろう。
「姫宿花かざし」で、どんな
素敵が待っているのかな。
ワクワクするね。

立ち寄り旅もレンタカーの醍醐味
途中下車を楽しもう

レンタカーを借りて、行きたいスポットに立ち寄りながら西浦温泉を目指そう。
まずは常滑焼き物散歩道へ。Aコース、Bコースと散策ルートのどちらをめぐろう。
歴史を残す風情ある街並みをそぞろ歩き。個性豊かな常滑焼の中から、お気に入りをゲット。お次は抹茶の産地、西尾市でカフェめぐり。雅な古民家で、ゆるりと一服。

花かざしに無事到着!
宿の方の温かいお出迎え

西浦半島あたりから海が見えてきて、
リゾート気分と宿への期待が高まる。
到着すると、仲居さんたちの
温かなお出迎えが。
一歩足を踏み入れれば、
優雅な「姫時間」の
スタート!

Page top